このブログ、移転しましてん。

移転先は

Blog 偏見万化

です。

よろしぅ 願います。



2007年05月07日

父親の遺体を用水路に捨てるっちぅことをするとは

なんぼカネがないっちぅても、51歳の人間がやることやないやろ。葬式費用がないよってに、父親の遺体を用水路に捨てたっちぅんや*1

用水路やったら、すぐに発見されるやろ。発見してもらいたかったんやろか。

せめて焼き場に運ぶべきやろ。そのカネもないんやったら、死体遺棄にはなるけど、穴掘って埋めるっちぅ方法もあるやろに。

骨{コツ}にさえしてもろたら、あとはなんとでもなるやろ。葬式は出さんでもええやんか。

わたいの葬式は出さんでもええっちぅとんや。骨も、頭骸骨が残ってないように、灰になるまで焼いて貰いたいと思とんや。

昔の東映やくざ映画で、渡哲也が骨壺の骨を取り出して、ポリポリ、ポリポリと、全部食べてもたっちぅのがあったけど、それでもええんちゃうんか。

遺体のままで捨てるやなんてことしよってからに。親に対する愛情がないのんかいや。


*1 http://news.livedoor.com/article/detail/3148026/


ラベル:死体遺棄
posted by kyota at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。